つかはら皮膚科・形成外科クリニック

宇都宮市 の皮膚科・形成外科なら つかはら皮膚科・形成外科クリニック

〒321-0945 栃木県宇都宮市宿郷3-15-1
FAX:028-610-0517
受付専用電話番号:18603-4570-3707
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  形成外科»  眼形成外科

眼形成外科 Oculoplastic Surgery

 

眼形成外科

 眼形成外科手術とは、“ものの見え方の質”を改善することを目的とした治療です。当院では、下記の疾患に対して治療可能です。しかしながら、症例によっては、手術の適否を判断するために眼科医の診察が必要となることもあります。また、眼瞼下垂症に対する手術は保険が適応されます。
※各項目にカーソルを合わせてクリックして下さい。

眼瞼下垂症
下眼瞼内反症(退行性内反症)・睫毛内反・睫毛乱生
下眼瞼外反症
上眼瞼皮膚弛緩症

 

眼瞼下垂症

 当院では眼瞼下垂に対して経皮的上眼瞼下垂手術を行っております。経皮法での眼瞼下垂手術では皮膚を切開する必要がありますが、その部分は重瞼線となるため、傷はほとんど目立ちません。また、術中定量や生理的な上眼瞼彎曲の作製も容易に行うことができ、余剰皮膚の切除も可能です。

 

下眼瞼内反症(退行性内反症)・睫毛内反・睫毛乱生

 下眼瞼を牽引する膜が緩んだ状態を指します。この状態では睫毛が角膜や結膜を刺激し続けるために、流涙、違和感、角膜炎、結膜炎を起こします。重度の場合は、角膜潰瘍や上強膜炎を引き起こし、視力障害に至ることが懸念されます。

 

下眼瞼外反症

 顔面神経麻痺や眼瞼弛緩症候群、そして瘢痕を原因として下眼瞼が外反した状態を指します。下眼瞼外反症に対する手術は、各々の原因によって治療方法が異なります。当院では、外反の状態を適切に判断し、術式を選択します。しかしながら、これら術式は全て術後再発が起こりえます。再発した場合には、より強固な固定を行う必要があります。

 

上眼瞼皮膚弛緩症

 上眼瞼の皮膚が弛緩し、皮膚が目にかかるため、見にくくなっている状態です。瞼下方の皮膚を切除し、重瞼にします。脂肪が多い場合には、除脂肪術を追加します。本法では、0.001%の確率で眼窩深部出血が生じ失明に至ることがあります。通常術後2日目までに生じることが多いですが、1週間程度は注意が必要です。